【使って見た!】対話型AI「ChatGPT」の凄さに迫る

AI

ChatGPTとは?

OpenAIが開発した対話型のAI(人工知能)

ChatGPT(Chat Generative Pre-trained Transformor)は、2022年11月30日にOpenAIが一般公開した対話形式でAIとコミュニケーションが取れるアプリケーションです。ツイッターやYoutubeを始めとしたSNSを通じて、またたくく間に拡散され、Daily Active Users(特定の1日に1回以上利用や活動があったユーザーの数)が公開5日で100万人を超えたことも話題を呼びました。

OpenAIのCEO(最高経営責任者)サム・アルトマン氏のツイート

ちなみに、100万人達成には、Instagramは約2ヶ月半Facebookは約10ヶ月要していることから、わずか5日で達成した「ChatGPT」の注目度の高さが伺えます。

アプリは、ユーザの質問に対して、AI(人工知能)が答えてくれるというシンプルなもので、対話形式で内容を深掘りしていくことも出来ます。使い方も簡単で、質問文を検索ボックスに入力するだけです。対応する言語は、英語だけでなく、日本語にも対応しており、質問文を日本語にすることで日本語の回答が返ってきます。

OpenAIについて簡単に紹介

ChatGPTを生み出したOpenAIについて簡単に紹介します。
OpenAIは、『友好的なAI(人工知能)の普及と発展』を目的として、2015年にイーロン・マスク氏とサム・アルトマン氏(米Y Combinator(ベンチャーキャピタル)の元CEOが共同出資で立ち上げた非営利組織です。2018年にイーロン・マスク氏は役員を辞任しましたが、出資などの支援は継続してます。2019年には営利企業であるOpenAI LPを創設し、サム・アルトマン氏がCEOに就任しています。同組織の出資には、Paypal創業者のピーター・ティール氏などの著名人の他、米Microsoft、米Amazon Web Servicesなどの大手企業が名を連ねています。

ChatGPTのここが凄い!

『何がすごい?』という問いに一言で答えると、『質問に対して直接、答えが返ってくること』です。例えば、「ブログの書き方」を知りたい場合は、以下のように直接、質問を入力するだけで即座に答えを得られます。

要するに、自身で、答えになりそうな記事を探したり、解釈や要約をする必要がないということです。

ネット検索を例にすると、
【Google検索】自分で解釈して答えを導く
 ①「キーワード」を入力して、Googleで検索
 ②検索結果一覧から、答えがありそうな記事を選択
 ③記事内容を確認して答えを探す(答えがない場合は②に戻る)
 ④人が答えを解釈
【ChatGPT】答えが直接届く
 ①「質問」を入力して、ChatGPTで検索
 ②AIが答えを回答

利用料金

利用料金については、2023年1月現在は、無料で利用できるサービスですが、有料化する可能性も示唆されています。

OpenAIのCEO(最高経営責任者)サム・アルトマン氏のツイート

有償化の理由としては、「計算コスト」であると、イーロン・マスク氏の問いかけに対して回答しています。

イーロン・マスク氏とOpenAIのCEO(最高経営責任者)サム・アルトマン氏のツイート

1回の会話当たり1桁セント、つまり、日本円で10円弱(10セント ≒ 10円)かかっており、永年無料は難しいということが読み取れます。

使用例

登録するサービスに値するか、ご判断いただくために、最初に使用例をご紹介します。
※ ユーザ登録・ログイン方法は次の章で解説

①ユーザ登録を済ませて、マイページにログインします。
②画面下の検索バーに質問を入力して、Enterキーをクリックします。

ユーザの操作はたったこれだけです。

ChatGPT自身に何が出来るのかを問いかけてみます。

日本語も文法も自然で、AIが回答しているとは思えない出来栄えです。
『色々と出来そうだ』ということはわかったので、いくつか使用例をご紹介します。

わからない用語の要約

文字数を指定して簡潔にまとめてくれるのは助かりますね。難しい用語を短く理解したい時に重宝ちょうほうしますね。

プログラミングのコードを記述

簡単なプログラムも、記述することも出来ます。

プログラミングができる人材の需要が高まっている昨今、ChatGPTがその一翼いちよくを担うかもしれませんね。

注意点

しかしながら、弱点もありますのでご紹介します。

上記の例のように、最近の話題については答えられないことがあります。これは、AIの学習データが2021年末のもののため、2022年以降の情報は何も知らない状態ということになります。今後のアップデートに期待したいですね。※2023年1月時点
また、回答に、情報の引用元に関する情報はなく、回答の正確性を確認する術もありませんので、ご自身で内容を吟味ぎんみした上でご使用ください。

登録・ログイン方法

ユーザ登録

ChatGPT のHPに接続し、「TRY CHATGPT」をクリックします。

「Log in」をクリックします。

「Email address」を入力して進めるか、「Googleアカウント」、「Microsoftアカウント」を使用して進めるかを選択します。

名前を入力します。(ニックネーム等でも構いません)

携帯電話の番号を入力します。

先ほど入力した携帯電話番号の「メッセージ」アプリに確認コードが届きますので、それを入力します。

これでアカウントの登録は完了です。

ログインすると、初期の説明画面に表示されますので、内容を確認しながら進めます。

質問を入力する「検索ボックス」が表示されたら、完了です。「検索ボックス」に質問を入力してEnterを押すと、ChatGPTが回答します。

是非、色々と試してみてください!

日本語の設定

『英語表示ではなく、日本語に切り替えたい』という方は、Google Translateで表示を「英語」→「日本語」に切り替えます。以下の図のように、初期状態は「英語」が選択されているので、日本語をクリックして、切り替えます。

日本語に切り替えたら、画面全体が日本語に切り替わります。

Google Translateを入れていない場合は、こちらのサイトをご参照の上、設定をしてください。

こんな新たな問題も・・・

ChatGPTは、どんな質問に対しても、最もらしい回答をするため、学校の宿題にChatGPTを使うなどの誤った使い方も散見され、ChatGPTの使用を規制するなどのニュースも目にするようになりました。また、対策として、ChatGPTが書いた文章か否かを判断するアプリopenai-detector」を使って、使用を阻もうする動きもある。嘘発見器ならぬ、ChatGPT検知機といった所でしょうか。いつの時代も警察と泥棒の”いたちごっこ”は続きそうですね。

今後の動向

AIには、大規模言語モデル(LLM:Large-scale Language Model)という技術を使っており、類似のサービスとしては、Googleの「LaMDA(ラムダ)」や「PaLM」、Metaの「Galactica」などがあり、各社しのぎを削っています。

米Microsoftは、2023年上半期にも同社が運営する検索エンジン「Bing」にChatGPTの機能を織り込むことを公表しています。現時点では、「Bing」や「Google」のような検索エンジンに取って変わる可能性は低いものの、ChatGPTの台頭により、従来の検索システムを在り方を根本から覆す「破壊的イノベーション」が生まれるのではないかと期待が寄せられています。

タイトルとURLをコピーしました